2017年9月20日水曜日

リマインダ:第29回佐渡ゼミのご案内 9/21(木)19時〜 in 佐渡ステーション

 皆さま、こんにちは。朝晩、寒くなってきましたね。風邪など引かれていませんか?

 さて、第29回の佐渡ゼミを案内させて頂きます。平日、佐渡ステーションでの開催となりますが、皆さまお誘い合わせの上、是非ご参加ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
第29回佐渡ゼミ
日時:9月21日(木)19時〜(1時間程度)
場所:新潟大学農学部附属佐渡ステーション(佐渡市小田94-2)
発表者:岡崎純子 准教授(大阪教育大学)
タイトル:夜間に蜜を出す雄性先熱キキョウ科サイヨウシャジンの有効な訪花昆虫の解明

※佐渡ゼミ終了後、講義「佐渡の自然」(佐渡ステーション 崎尾教授)があります。
こちらも、参加可能です。


※事前申し込み、参加費不要です
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
なんと!演習林内で宝の地図を発見??


2017年9月8日金曜日

佐渡トライアスロン2017

 皆さま、こんにちは!久しく実習関係のブログを更新できていませんが、現在、佐渡ステーションでは実習てんこ盛り中です。てんこ盛り過ぎて、なかなかブログを更新できておらず、申し訳ありません。これから徐々に更新していきますので、乞うご期待です。

 その前に・・・今年も崎尾先生が佐渡国際トライアスロン大会のBコースに出場しましたので、その様子をお伝えします!

こちらは、スイムを終了した選手を迎えるゲート。
無事にスイムを終えた崎尾選手が入ってきました!
まだまだ、余裕な様子です。
スイムを終えたら、途中でシャワーを浴びれるようです。
初めて知りました・・・
その先の給水所で待っていたボランティアの好青年は・・・
なんと、佐渡研の卒業生です!
崎尾選手に飲み物を差し出す、卒業生のNくん。
先生、頑張ってください!と声をかけているのでしょうか?
昨年よりも早いペースで、バイクに突入です!
行ってきま〜す!と手を振りながら出発!
この後は、バイク105km, ラン21.1kmが待ち受けています!結果は・・・

無事に完走しました!
なんと、昨年よりも約50分、タイムを縮めてのゴールです。
終了後の佐渡TVのインタビューにも元気に答えていました。
崎尾先生、お疲れ様でした!!

2017年9月1日金曜日

屋久島 伝説の巨大杉

先日放送した『屋久島 伝説の超巨大杉』の再放送が決まりました。まだ見ていない方はぜひご覧下さい。
9/3(日) 16:00〜 NHK総合TV(全国)
https://www.nhk.or.jp/docudocu/program/92919/2919558/index.html

それから、同じ日に、ボスが佐渡トライアスロン国際Bに出場する予定です。佐渡テレビが終日放送し、インターネットでも実況中継される模様です。ゼッケンナンバーは、3569ですので、どこを通過したなど確認できるようです。

2017年8月13日日曜日

ボスが下記のテレビにちょこっと顔を出します。屋久島のスギに関してインタビューを受けました。

8月15日(火)22:00~ NHK総合テレビ(全国)
『大捜索ドキュメント 屋久島 ”伝説の超巨大杉”』
https://www.nhk.or.jp/docudocu/program/9999/2919558/index.html


2017年8月10日木曜日

東邦大学理学部、野外基礎実習 in 佐渡 (8/7〜8/10)

 8月7日から10日の3泊4日で東邦大学理学部の野外基礎実習が行われました。1年生、TA、教員あわせて22名が来島されました。

 この実習では、貝食性のマイマイカブリには狭頭型(主に本州のマイマイカブリ)と巨頭型(サドマイマイカブリ)の二型がありますが、なぜそのような進化が起こったのかを考察するために行動観察、さらに、カタツムリの形態計測実習も行いました。また、昨年までは野外生態学実習として5月下旬頃に森川海実習と並行して行っていましたが、今年は、実習の対象となっている陸貝(カタツムリ)が活発に活動する8月の開講となりました。

初日の夜は東邦大学の小沼先生による、イントロダクション。
明日からの野外活動に備えて、本実習の目的や
背景についての講義でした。
本実習の対象種の一つであるサドマイマイカブリ。
捕獲することはできるでしょうか??
2日目は、皆さん張り切って、野外へ!!となる予定でしたが、台風5号の接近により、風が強まってきたので、予定を変更しました。教員とTAは、サドマイマイカブリを捉えるためのトラップを仕掛けに山へ。1年生は佐渡ステーションの助教の阿部先生より、佐渡の自然や、阿部先生の研究対象であるヤブツバキについての講義を受けることになりました。

皆さん、伊豆諸島などで行っているヤブツバキの研究に
ついての講義に真剣に耳を傾けていました。
  3日目は、風がおさまったので、小雨の中、昨日仕掛けたトラップ回収とカタツムリを探して林道を歩きました。
小雨ですが、カタツムリを見つけるには絶好のコンディション!
皆さん、張り切っています。
トラップの回収をしつつ、カタツムリも探します。
マイマイカブリ、入っているかなぁ・・・
雨が多少強くなってきましたが、カタツムリとマイマイカブリを目指し、
皆さん地面の方を目を凝らして見ていました。
この後、ステーション周辺でもカタツムリを探したところ、たくさん見つかりました!サドマイマイカブリも数匹見つかったそうです。

捕獲したカタツムリの計測です。殻の大きさ、渦の巻き方などを
ノギスを用いて測定します。
白い紙片がついているカタツムリは、計測済みのカタツムリ
だそうです。未計測のものと見分けがつくようにしていました。
生きているカタツムリだけでなく、殻標本の計測も行いました。
この後、サドマイマイカブリとカタツムリを同じ飼育箱に入れて、サドマイマイカブリの行動観察なども行いました。

最後は、打ち上げ恒例のバーベキュー!
雨上がりでちょっと心配でしたが、
炭も問題なく熾せました。
野菜に肉にイカなどの魚介を堪能しました!
最終日は、青空の下、大野亀を散策し、両津港へ!

 東邦大の皆さん、実習お疲れ様でした!今頃、帰りの新幹線やバスの中でしょうか?次は野外生態学実習での来島でしょうか?また、佐渡やどこかでお会いできるのを楽しみ西ています。



2017年8月1日火曜日

樹木生態学特論ー佐渡フィールドスタディー (7/11〜7/14)

 7月11日から14日の3泊4日で、大学院生の実習である、樹木生態学特論ー佐渡フィールドスタディーを行いました。今年は、新潟大学と静岡大学の大学院生計6名が参加しました。本実習では、佐渡の様々な森林、草地などの様々な生態系を観察し、自然環境との関係を視野に入れながら、学んでいきました。
初日は晴れ!山の上からは、佐渡島全景を見渡すことができました。
妙見山のブナ林。よーくみると、右下あたりが
面白い形になっています。
静岡から来た学生さん達、静岡と佐渡のブナ林の
違いに興味津々です。
2日目、演習林の千手杉にて。霧が発生しており、
スギ林を観察するにはもってこいの天気です。
こちらは連結杉。この形になるまでの履歴について
様々な意見が交わされました。
 2日目の午後より、植物写真家のいがりまさしさんが合流しました。今回の実習のもう1つの大きな目的が、いがりさんを特別講師にお迎えし、野外での植物写真の撮影技術を学ぶ事です。
写真の右端がいがりまさしさんです。
夜には、一般公開の佐渡ゼミを行い、いがりさんから
写真撮影の際の露出補正、コンパクトカメラでの撮影術
などについてレクチャーを受けました。
翌日は、演習林内の各所で、でいがりさんから様々な
お題を出されてながら植物の写真撮影を行いました。
 では、いがりさんの指導の元に、実習生が撮影したとっておきの1枚をお見せいたします!


背景の木がポイント!


空を意識して撮影しました。
どうですか?なかなか雰囲気のある写真ばかりだと思いませんか?

 夜は恒例のBBQ。海の幸満載でした。そして、なんとボスのケーナーといがりさんのギターのコラボが!!とても楽しいひと時でした。いがりさん、ありがとうございました!そして、実習生の皆さん、お疲れ様でした!

2017年7月29日土曜日

公開林間実習2017の申し込み締め切りを延長しました!(締切8/9)

皆さま、こんにちは。暑い日が続きますね!

8月19〜20日に開催する、演習林恒例の「一般公開林間2017」の参加締め切りを延長しました!皆さん、是非ご参加ください。この夏の楽しい思い出になること間違いなしです!

内容や申し込みの詳細はこちらから
申し込み締切:8月9日(水)まで